会社紹介

会社方針

匠技心技 ~匠な技術、心籠め、技磨く~

CEOメッセージ

会社概要

社名
有限会社 渡辺工具研磨
代表者
渡邉和彦
本社所在地
〒417-0801
静岡県 富士市 大渕3721-6
TEL. 0545-35-5301
FAX. 0545-35-5302
アクセス
資本金
500万円
設立
1987年5月
従業員数
16名(2021年12月現在、役員含む)
役員
代表取締役社長 渡邉和彦
取締役専務   渡邉孝行
取締役会長   渡邉義造
取締役     渡邉美恵子
取引銀行
富士信用金庫 厚原支店、静岡中央銀行 吉原支店、静岡銀行 厚原支店

会社沿革

1982年10月
大手金型メーカー会社員の渡邉義造が自宅の車庫にてC-40を用いる研磨業を始める
1985年1月
渡邉義造 本腰を研磨業に据え、脱サラ (C-40も三機体制に)
1987年5月
渡邉義造 資本金500万円をもって有限会社渡辺工具研磨設立
手始めにメタルソー研磨を行うべく、メタルソー研削機を導入
1987年8月
富士市大渕3675‐1の借工場に移転
1992年3月
現社長 渡邉和彦入社 (4年間、金型メーカーにて加工経験を経る)
1996年3月
現専務 渡邉孝行入社 (5年間、金型メーカーにてマシニング加工経験を経る)
1997年8月
効率的かつ高精度な工具研磨を実現すべく牧野製CNC工具研削盤CNJ2-30Rの導入を開始
2001年3月
CNC機6台を主力とした強力な研磨体制が整う
2006年10月
事務所兼工場を富士市大渕3721‐6に建設、移転
2007年5月
砥石の保守管理を自社で行うべく、KIRNER社製ドレッシングシステムK42を導入
2008年8月
より高精度で多種の工具研磨を達成すべく牧野製CNC工具研削盤CNJ2u-H,Sを導入
2009年6月
高精度な加工精度を裏付けるべくZOLLER製非接触CNC測定機Venturion 450を導入
2014年1月
スロウアウェイチップの高度加工を達成すべくCNC工具研削盤CNJ2u-SHを導入
2014年8月
渡邉和彦 社長に就任 (前社長渡邉義造は会長職へ)
2016年6月
より効率的な検査と、手薄であった工具頭頂部測定値の出力を実現すべく
KEYENCE製デジタルマイクロスコープVHX-5000を導入
2016年10月
事務所を建て増し、工場を拡張 事務所移転(現住所)
2016年11月
多様化した特殊形状工具の研磨の実現を志向し
宇都宮製CNC工具研削盤TGR-250を導入